【鍵トラブル】なら24時間全国受付対応のカギトラブルnavi|オイルを差すのはお止めください

*

カギトラブルnavi

フリーダイヤル0120-270-122

フリーダイヤル0120-270-122

最新情報・レポート

鍵交換・鍵修理・鍵のトラブル:8400円~|カギトラブルnaviのコラム記事ページです

オイルを差すのはお止めください

機械類、特に金属同士が擦れ合うものにはオイルを差すのが一般的です。車のエンジンオイルもそうですし、工場などで使われる各種の機械類もそうです。
しかし、これが鍵になると話が別問題になります。
鍵だって金属同士が擦れ合うのだから、油くらい差さないと動きが悪くなるのでは?と思う方も多いかもしれません。
しかし、鍵に限っては実は真逆で、油を差すことで余計に動きが悪くなる場合があるようです。鍵はかなり精密にできており、鍵と鍵穴はピッタリ一体となり、ピンやディスクがきちんとはまり込む様になっています。そうすることで初めて鍵が開くのですが、これに油を差すと、油にゴミなどがくっついて、精密にできている鍵穴やシリンダーの中でこびりついてしまう事があります。
こうなるとシリンダーが動かず、鍵の開閉ができなくなってしまうのです。
鍵の動きが悪い場合は、鍵のお掃除をするのがおすすめです。また、鉛筆の芯で鍵の表面をこすっておくと、鍵の動きが良くなる場合があります。
また、鍵メーカーからは鍵専用の潤滑剤が販売されていますので、それらをご利用になられることをおすすめします。
すでに油を刺して動きが悪い、という場合は、当サイトにご連絡ください。