【鍵トラブル】なら24時間全国受付対応のカギトラブルnavi|カギの汚れを取る方法

*

カギトラブルnavi

フリーダイヤル0120-270-122

フリーダイヤル0120-270-122

最新情報・レポート

鍵交換・鍵修理・鍵のトラブル:8400円~|カギトラブルnaviのコラム記事ページです

カギの汚れを取る方法

しばらくカギを使わないうちに錆びていたり、真っ黒になっていたなんてことはありませんか。それらのカギをそのまま使うと鍵穴の方まで使えなくなってしまい、鍵交換が必要になってしまう恐れがあります。 カギのメンテナンスとして有効なのは、歯ブラシなどで定期的にくぼみを掃除することです。特に防犯性を高くするためにくぼみをつけているディンブルキーは汚れが溜まりやすいため、しっかりと確認しながら磨くのがいいでしょう。ただしあまり強く磨きすぎるとカギが傷付いてしまうため、ほどほどな力加減で磨きましょう。 それでも汚れが残っている場合は重曹を使用するのがいいかもしれません。水を加えてペースト状にして磨いたり、うすい重曹水につけ置きしたりなどすれば汚れを落とすことも可能です。 一方、錆びているカギは重曹でなく、クエン酸を薄めた水につけ置きすることで取れるとのことです。 もちろん、日々カギの汚れに気を付けていたとしても、カギは使うことで日々擦り減っていきます。カギの調子が悪いことに気が付いたら早めに鍵屋さんに相談して、トラブルを未然に防ぐことが大切です。