【鍵トラブル】なら24時間全国受付対応のカギトラブルnavi|頼りになるCP錠とは

*

カギトラブルnavi

フリーダイヤル0120-270-122

フリーダイヤル0120-270-122

最新情報・レポート

鍵交換・鍵修理・鍵のトラブル:8400円~|カギトラブルnaviのコラム記事ページです

頼りになるCP錠とは

空き巣の多くは、施錠していない玄関や窓、勝手口などから侵入してきます。しかし中には、様々な技術や道具を駆使してこじ開けてしまう空き巣も存在します。中でも有名なものはピッキングですが、それ以外にも、工具を差し込んでサムターンを回す「サムターン回し」、シリンダーを破壊して内部機構を直接操作してしまう「鍵穴壊し」などがあります。古い鍵では、施錠をしていてもあっという間に破られてしまう危険があるのです。
そこで、鍵交換という対策が考えられます。新型の鍵に付け替える事によって、防犯性能を大きく向上させる事ができます。しかし、鍵について詳しくない人は「どの鍵を選べばいいのかわからない」ということにもなりかねません。そのような方は、CP錠を選んでみてはいかがでしょうか。
CP錠のCPとは、「Crime Prevention」の頭文字を取ったものです。直訳すれば「防犯錠」という意味になります。このCPマークは、官民合同会議試験に合格し、「侵入に五分以上を要する、防犯性能の高い建築部品」の証となっています。五分と言いますと短く感じられるかもしれませんが、空き巣の多くは五分以内に侵入できなければ、そのまま諦めてしまうことが多いというデータがあります。つまりCP錠は、防犯において非常に頼りになる錠といえるのです。
鍵の種類がよくわからないという方は、まずはCPマークを目安にしてみてはいかがでしょうか。ただし、CP錠も施工を間違えれば力を発揮できません。「鍵交換を依頼したい」「CP錠の中でも、種類を選びたい」そのようなご希望がありましたら、鍵屋にご相談されると良いでしょう。